花粉症

花粉がつらい季節になってきました。

いつからか忘れましたが、私も花粉症患者の一人です。

子供の頃はなんともなかったのですが、たぶん社会人になってから

花粉症になっていました。

 

高校生くらいから花粉症だったのかも知れませんが

自分で認めていなかったのだと思います。

 

人が何かを改善するためには、まず自分で自分の弱みを認める

ことから始まります。

 

私は社会に出てから、初めて自分が花粉症であることを認めたのです。

これは花粉症を改善するための第一歩なのです。

 

それから数年の月日が経ちましたが、いまだに花粉症は改善できていません。

むしろ、何も変わっていない。

 

私の症状は、鼻づまりと、目のかゆみ、あとたまに頭が痛くなります。

ほとんどの方は同じ症状でしょう。

 

数年前に、薬でどうにかしようと思い、いくつか試したところ

「コンタック600プラス」が効果的だと気づきました。

 

以下6つの症状に効く、と記載されております。

・くしゃみ

・鼻みず

・鼻づまり

・なみだ目

・頭が重い

・のどの痛み

 

「鼻みず」と「鼻づまり」を2つに分けている事については

目をつむりましょう。

 

で、これを飲むと、当然2回書かれている鼻の問題は解消されます。

書かれていない「目のかゆみ」もなぜかマシになります。

 

コンタックさえ飲んでいればどうにかなるんですが、

決して安くは無いので、これを毎年続けるのもなぁ〜

と思うようになってきました。

 

なので、3年前くらいから、よほど辛くて、すぐに対処する必要が

ある時以外は飲まないようにしています。

 

じゃあどうするのか?

 

今年からは花粉を取り込まないような工夫をしています。

 

花粉を取り込んだことによって発生する症状に対しては、

薬を飲まないと対処できない、ならば取り込まなければ

症状も出ないだろう、という発想です。

 

今まであまり深く考えていなかったので、

思いっきり花粉を取り込む生活を送っていました。

 

たとえば、マスクをしていなかったり、メガネをかけていなかったり。

洗濯物も外に干していました。

 

よく考えると、花粉症のくせにガードが甘すぎました。

まずはマスクを導入しました。

すると、鼻関連のトラブルは若干マシになった気がします。

 

自転車などに乗る時は、花粉対策のメガネをつけています。

そうすると、目のかゆみもマシになりました。

 

当然です。

自転車に乗る時に、目を守っていないなんて、

目に花粉を注いているようなものです。

クリープのないコーヒーなんて、、、

 

あとは、洗濯物です。

今までは、天気が良ければ外に干していました。

これは本当に自殺行為ですね。

とくに、タオルやシーツ、下着など、

お風呂上がりに、花粉がついたタオルで顔をふき

花粉のついた下着を身にまとい、

花粉のついたシーツで眠りにつくなんて、

想像しただけで鼻みずが出てきます。

クリープのないコーヒーなんて、、、

 

ということで今年は少しだけ、花粉の症状がマシです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA